キリスト教の葬儀に参列する際の心得 基本的なマナーのご紹介

キリスト教の葬儀に参列される方へ


キリスト教の葬儀は宗派により異なる作法や、進行がございます。
キリスト教の葬儀に参列するにあたって戸惑いのない様、服装や持ち物、香典、献花などの基本的なマナーを掲載しております。初めてキリスト教の葬儀に参列される方に参考になればと思います。


葬儀に参列する際の心得

キリスト教の教派は大きくは、カトリック、プロテスタントに分けられます。通夜に当たる前夜式がある場合もございます。

教派による名称の違い

カトリック

プロテスタント

呼称(職名)

神父(司祭)

先生(牧師)

祭儀

ミサ

礼拝

聖歌

賛美歌


参列時の服装、持ち物について

服装は、黒か紺を基調としたものにしましょう。基本的に仏教のものと変わりがないとお考えください。 故人をお送りする気持ちが一番大切です。お持ちの方は、数珠をお持ちいただいても構いません。


キリスト教のお花代、香典について

基本的に仏教のものと変わりがないとお考えください。

参考サイトはこちら


献花の作法

喪主の方の献花の方法に習って行ってください。両手で携えて献花をしますが、あまり堅苦しく考えずに行ってください。教会や喪主様のご意向により献花がない場合もございます。


キリスト教の葬儀の流れとマナー

葬儀の流れは教会や宗派によって異なりますが、用意されたしおりや、式次第が配られ、その流れに沿って式が進行します。時間は仏式よりも長く、カトリックでは1時間半程度、プロテスタントでは1時間程度が目安となります。

仏式と大きく異なるのは、葬儀は初めから終わりまで参列し、途中からの参列は失礼に当たる点です。式の始まる10分前には教会に到着する様に心掛けると良いと思います。

ページのトップへ▲