スタッフブログ

葬儀のマナー

キリスト教の葬儀は「お悔やみの言葉」がない?参列時の挨拶のマナー

2020.06.19

《キリスト教式葬儀は仏式と考え方が違う》

(画像:pixta

訃報に接したとき、遺族にどのような言葉をかけていますか。仏式の葬儀が多い日本では、「ご愁傷様」や、「ご冥福をお祈りします」などの言葉がけが一般的です。しかし、故人がクリスチャンだった場合は気をつけなくてはなりません。キリスト教と仏教とでは葬儀における考え方が全く異なるからです。
この記事では、キリスト教式の葬儀に出席する際に注意すべき言葉やふさわしい言葉について説明します。

 


《葬儀のときの挨拶》

(画像:pixta

葬儀に参列する際は、遺族への挨拶が必要です。ただし、宗教や宗派によって死生観や葬儀の意味が違うため、言葉の選び方に気をつけなくてはなりません。葬儀での忌み言葉も、仏教とキリスト教とでは異なります。
マナーを知らずに自分が恥ずかしい思いをするだけならまだしも、遺族を傷つけるような事態は避けるべきです。ここでは、仏教とキリスト教それぞれの葬儀に相応しい挨拶と、気をつけたい忌み言葉を説明します。

 

《仏式の場合はお悔やみの言葉を言う》

仏式では、遺族に対して次のようなお悔やみの言葉が使われます。
・この度は誠にご愁傷様でございます
・この度は心よりお悔やみ申し上げます

「ご愁傷様」とは心の傷を憂えること、つまり、遺族への同情や慰めの気持ちを表します。口頭で伝える言葉であり、電報や手紙などでは使用できません。「お悔やみ」は故人の死を悲しむという意味で、口頭でも文面でも使用可能です。その他、「哀悼の意を表します」「ご冥福をお祈りします」なども使われますが、どちらも書き言葉であり、葬儀に参列して遺族に直接かける言葉ではないので気をつけましょう。

《仏式の場合の忌み言葉》

忌み言葉とは、冠婚葬祭で使用を控えるべきとされている言葉です。葬儀の席では、直接「死」を表す言葉が忌み言葉とされます。そのため、死亡は「逝去」「永眠」、急死は「急逝」「突然のこと」といったように言い換えられます。
仏式葬儀では「浮かばれない」「迷う」など、故人が成仏できない様子を連想させる言葉も忌み言葉として扱われます。「ますます」「たびたび」「くれぐれも」など同じことを繰り返す言葉は重ね言葉と呼ばれ、不幸が繰り返されることを連想する縁起の悪いものとされています。
遺族に話しかけるときや手紙や弔電を出すとき、忌み言葉・重ね言葉を使わないよう十分注意しましょう。

 


《キリスト教式葬では「お悔やみの言葉」を言わない?》

キリスト教の葬儀には、お悔やみの言葉がありません。死は終わりではなく、天国へ召される喜ばしいことと考えられているためです。
信仰を持った者は天国で過ごし、キリストの再臨時に永遠の命と体を与えられて復活するというのがキリスト教の考え方です。遺族は「死は一時的な別離であり、いずれ天国で再会できる」といった希望を持ちます。
しかしながら、大切な家族との別れは悲しく辛いことです。いくら喜ばしいとされているからといって、「おめでとうございます」などと声をかけてはいけません。遺族の悲しみに寄り添うことが大切です。とっさに言葉に詰まったときは、「お祈りします」の一言でも十分です。仏式でのお悔やみの言葉は避けるようにしましょう。

 

《お悔やみの言葉ではなく慰めの言葉を使う》

キリスト教式の葬儀で遺族に言葉をかけるときは、お悔やみではなく慰めの言葉をかけるようにしましょう。よく使われている文言として次のようなものがあります。

・天に召された○○さまの平安をお祈りいたします
・神さまの平安がありますように
・○○さま(故人)が安らかに眠られますようお祈りいたします

特に最後の「安らかに眠られますようお祈りいたします」は特定の宗教に偏った言葉が含まれていないため、どの宗教・宗派においても失礼にあたりません。

 

《キリスト教式葬儀での忌み言葉》

「成仏」「供養」「冥福」「往生」などは、キリスト教の葬儀では忌み言葉とされています。これらは仏教で用いられる言葉だからです。
キリスト教と仏教とでは死に対する考え方が全く異なります。日本では仏式の葬儀が多いため、うっかり口にしてしまいがちですが、そもそも異なる宗教の言葉を使うのは避けたほうが無難です。キリスト教だけでなく、神式の葬儀でも気を付けたほうがよいでしょう。

 


《参列する際、宗教の違いには注意》

(画像:pixta

同じ葬儀でも宗教や宗派によって作法やマナーが異なります。あまり馴染みのない宗教・宗派の葬儀に参列するときには、事前に調べておくことが大切です。
知識がないまま参列すると、自分が戸惑うだけでなく、遺族に対して失礼にあたることをしてしまうおそれがあります。例えば、キリスト教式の葬儀ではお悔やみの言葉は用いません。代わりに遺族に対して慰めの言葉をかけます。
もし初めてキリスト教式の葬儀に参列することが決まったら、キリスト教の死生観を踏まえて適切な言葉がかけられるよう、あらかじめ考えておくことをおすすめします。

教会葬の供花のご注文

お花に託された大切な想いまで
私たちが丁寧にお届けします

キリスト教の葬儀では、仏式でよく用いられる菊ではなく、ユリやカーネーションなどを供花として送ります。

供花のご注文